毎日がミスプレイ

COJの話とかしてると思うよ?

クソゲーしね。血染め編その2

 前回書いてそのまま投降したもんで、日を改めて見直してみたらオタクっぽくていかんですね。荒書きすぎてキモいので前回の要点をおさらいすると、

 

・血染め珍は回り過ぎてカス

・あれだけ回せるのはデッキパワーが強すぎるから

・血染め珍というデッキタイプは以前からあったが、新弾で超強化された

 

 ざっとこんな感じでした。3番目の新弾のクソカードについてちょろっと言及したところで終わったので、今回はそこに突っ込みたいと思います。

 

  • 血染め珍を持ち上げた新弾のカードたち

 

f:id:coj-tamao:20170501000632j:plain

 

 害悪。マジで何考えてこんなの刷ったんだ?

 

 イシスの書いてある事は全部強いのですが、血染め珍においてとりわけ重要なのは、インターセプトを使うと手札を1枚替えられるところです。これによって役目の終わったかぐやや、まだ出番のないルシファー等の必要のない札を必要な札に変換できます。

 COJは、基本的には手札を増やす手段が少ないので、ドローのできないカードを引いてしまうとそこで止まってしまう事が多々あります。なので神風のようなカードは搭載しづらかったのですが、イシスがすべてを解決しました。イシスをおいて神風を使うとCPが増える上に手札でダブついたかぐやが新たなサーチ珍獣に変わり、有限を無限にしちゃいました。

 CPを増やす事とドローを一緒にするヤバさは、メロディーガーデンで言いましたね。少し違いますが、イシスは神風をガーデンに変えたカードともいえます。ただでさえメロディーガーデンでキレてたのに更にガーデンが増えてふざけんなって言いたくなりますわ。

 更には同じく新弾の最後の一葉もイシスのクソさを加速させています。ただの1ドローと2ドロー1ディスカードは天と地ほどに違います。

 もう余りにクソすぎて書ききれません。山札残り2枚まで引いてから打ちたい最後の一葉との相互シナジー、紫インセプの超回転、オーバーライドというCOJ特有のシステムその他等々、他のカードとのシナジーを上げてるだけで日が暮れます。そこまではできませんので割愛しますが、とにかくCPを使わずに無限にルーティングできるカードはどう考えてもぶっ壊れてます。

 ここまででもSR級のパワーカードなんですがね。このメス、さらに凄まじい除去能力を持っていますからね。言うまでもないですが、あえて血染めだけで言えば珍獣の天敵マーヤを完全に対処できて、血染めでCP枯らした後に軽減で出てきた1CPユニットを掃除したりともう至れり尽くせりですね。

 

 さてイシスに比べるとかなり地味ですが、最後の一葉も割と壊れてます。厳しめの条件ですが3ドローは過去のドローを見ても余りに破格すぎます。他に2アド取れるドローって一筋の光明ぐらいじゃん。あれなんか発動するまでの下準備が大変な上に使えない間は手札で腐っているのに、こっちは何をしなくてもブロナ出したら気軽に1枚引けるんですよ? 昔のカード否定しすぎでしょ。

 

 とにかくイシスクソ。最後の一葉もクソ。この2枚と神風が共存できるから、代償紫や山珍ではなく血染め珍がのし上がったといえると思います。

 

  • まとめ

 

 

・血染め珍は回り過ぎてカス

・あれだけ回せるのはデッキパワーが強すぎるから

・血染め珍というデッキタイプは以前からあったが、新弾で超強化された

 

 大事なことなので2度書きました。これに尽きます。

 

 

 こんだけボロクソに叩いてしまいましたが、血染めというデッキにも一つ良い功績を残しました。それは、Ver2.0以降死滅していたOC珍獣というアーキタイプ復権させた事です。

 大昔に一生OC珍獣を握っていたという老害は血染め珍を握ってみてはいかがでしょうか? そうでない人も、今のJにあたたまりながらやっているようなマゾは血に染まった方が絶対に楽しいと思うので是非握ってください。私は遠慮しときます。