毎日がミスプレイ

COJの話とかしてると思うよ?

機械デッキを試そう

f:id:coj-tamao:20150526141532p:plain

引用元:COJ高等戦術研究所

 

 今朝思いつくままにカチカチしてできた束。これから回してますんぬ。一応機械デッキの体を成してる雰囲気ですがアレですね。

 

 今回は機械を試したいってのと、それと相性のよさそうないくつかのカードを試したいっていう2つの欲求が炸裂した感じです。少し解説していきましょう。

 

・実りの収穫

 スピードシャークを筆頭にBPがモリモリ上がるこのアーキタイプ。並べ愛必至のゲームが待っている事でしょう。

 ただ序盤にスピードシャークやられたら負け必至。素の状態はたかだか4000。すぐに焼かれてしまいます。しかしセンポジでも追い付かない。6000のラインに持っていかないと。

 その為の実りの収穫? その為の2000うp?

 基礎! BP! SIX(thousand)! 基礎! BP! シックス! って感じで。。。

 

・強欲の代償

 このカードを実験するに至った理由は、機械デッキの戦略的な観点から説明する必要があるンデス。なのでちょいと長くなります。

 このデッキ、昨日の龍ヒトミデメテルと同じで高BP並べるのが得意です。アレと違いタケミカズチとハデスという突破力が存在しますが、弱点もほぼ同じ。特にユグドラシルは死壊石刺せないと本当にどうしようもない。

 なので理想の勝ち手段は、一通り並べ終えた後に相手の場を吹っ飛ばして一斉攻撃。黄色のお手軽エンドカード、ジャッジメントがそういう事していますね。ああいう感じです。序盤は壁を築いて、ジャッジでフィニッシュ。単純かつ強力な戦略です。

 そして対策も多い。土下座やカウンタークロックなどで行動権回復されたり、ユグドラシルでそもそも攻撃できなくされたり。小考した後、究極的な手段であるインペリアルクルセイドに頼らざるを得ないと考えました。

 となるとインぺはなるべく早い段階で確実に打ちたい。けど、ライフ守っているとゲージの溜まりが遅い。最悪打てずに終わる場合もある。

 で、思いついたのが強欲の代償なんですよね。強引にライフを削ってジョーカーゲージを稼ぎ、インペで一掃。ゲージ満タンにする為にプロメテウスを攻撃したという、ある試合での一件から着想を得てます。

 非常にリスキーですが、高守備力高展開力が期待できる機械ならその辺の融通は利くでしょう。ユグドラシルの入ってそうな緑にしか打たないようにとか、心掛ければプレイングでカバーできる範疇にあると思います。

 惜しむらくは今回のイベントで魔法石が使えない事ですね。より安定した運用が可能となるでしょうに。

 

 主に試したいカードはこの2枚。後は未だ使った事のない黄ジャンヌやラッシュビートル等。

 

  1.3EX1でタケミカズチの登場により飛躍するかと思われたがまったくそんな事はなかった機械。

 僕、結構期待してて、今回はいい着想を得られたと思ってます。今回の実験で好感触を得られたら全国でも使っていきたい。次期オリボAぐらいまで盛れたらうれCなー。